胃カメラとは

胃カメラとは、鼻もしくは口に麻酔をして(患者さんの希望に応じて全身静脈麻酔を追加できます)内視鏡といわれるカメラを挿入し食道・胃・十二指腸を観察することによって、食道がんや胃がん、十二指腸潰瘍など様々な病気を早期発見できる検査です。胃もたれや胸やけ、食欲不振などの症状のある方はお気軽にご相談下さい。

お知らせ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。